GISとは
What is GIS
GIS(ジー アイ エス)とは、Geographic Information System の略称で日本語では地理情報システムと訳されます。地球上に存在する地物や事象はすべて地理情報と言えますが、これらをコンピューターの地図上に可視化して、情報の関係性、パターン、傾向をわかりやすいかたちで導き出すのが GIS の大きな役割です。人の活動において場所に関する情報を得たい場面は数多くあります。「駅から徒歩 10分圏内にある物件は?」、「店舗を出店するのに最適な場所は?」、「感染症の発生率が高い地域はどこ?」など、GIS は場所に関する問いに対する答えを地図上にビジュアルに表現しますので、文字や数値であらわされる表データを見る場合と較べて容易に状況を理解することができます。

GISでできること
How GIS Works
情報の可視化
Maps
情報の可視化
まずはお手持ちのデータを地図上に表現し、マップを作成してみましょう。我々が利用するデータの多くには位置情報に関連する項目が含まれているはずです。それらを地図上で表現することからGISの活用が始まります。
情報の可視化
Data
情報の統合
GIS は様々な位置情報に関連するデータをマップ上で表現するだけでなく、永続的に管理し、運用することに適したツールです。任意地点の情報や地域の情報、自社情報や他社情報などを過去から現在まで時系列に運用することで、データマネージメントに貢献します。
Analysis
情報の分析
GIS は複数の異なる種類の地域情報や自社情報をマップ上で重ね合わせることで、表計算ソフトなどでは発見することが困難な、データが持つ地理的傾向や関係性を分析することが出来ます。ビジネス上の意思決定を支援する上で欠かすことができない有効分析ツールです。
Apps
情報の作成と活用
鮮度の高い情報や特定の知識やスキルを要する情報などは必要に応じてデータとして作成する必要があります。GIS はマップ上に必要なデータを独自に作成する際にも有効なツールです。
また、可視化された情報や地理的傾向を加味した分析結果情報は組織内の共通情報として素早く手軽に共有することにより、業務へ大きく貢献させることが出来ます。

GISを利用するメリット
Advantage of Using GIS
業務効率化によるコスト削減

GIS は日常の業務を最適化するために幅広く使われています。
紙地図から GIS を利用したデジタルな地図へ移行することで、現地調査や設備管理、
統計分析などをより簡単に効率的に行うことが可能です。
これにより作業時間や人員など業務にかかるコストを大幅に削減することができます。

最適な意思決定

場所に関する正しい意思決定は組織成功のための重要な要素のひとつといえます。
GIS は店舗の出店場所や配送ルート、避難地域・経路、天然資源の採取地点など多様な分野で最適な場所を策定するために使用されています。

コミュニケーションの向上

GIS はさまざまな表現方法を用いて位置情報を地図上に可視化します。
可視化された位置情報は状況を効果的に伝え、的確な理解を促すことができ、グループや組織間、社会におけるコミュニケーションの向上を図ることができます。

GISで解決できる課題

実際にGISで解決できる課題と解決策を以下の様なマップで表現できます。
マップをクリックやドラッグしてみてください。