地域のマーケット特性を分析

消費者と接点のある製品を企画・製造する企業にとって、想定ターゲット層のニーズに即した製品をいかに適切なマーケットに供給することができるかがマーケティング上の大きなテーマです。この際に、対象マーケットを地域軸で捉え、消費者のデモグラフィック特性、住宅・世帯特性、ビジネス特性などマーケットポテンシャルを示す指標を地図上で分析することで、地域の状況に即した製品企画や営業・マーケティング企画を実行することが可能です。

地域のマーケット特性を地図上で分析すると、以下のような問いに答えることができます。

  • 自社製品のターゲット層はどの地域に多く居住しているか。
  • そのターゲット層の潜在需要のボリュームはどの程度か。
  • ターゲット層の地域分布の傾向と潜在需要ボリュームを考慮すると、どの地域に、どのようなプロモーションを展開することが適切か。
  • プロモーションに必要なヒト・モノ・カネのリソースをどの地域に重点配分することが適切か。
地域のマーケット特性を分析

リテールサポートにおける提案力強化

「今回の自社の新製品は非常に優れているので、ぜひ取り扱ってください!」と、ただ単に小売店に対して製品取り扱いの提案をするだけでは、競合他社メーカーとの差別化にならず、リテールサポートとしては十分ではありません。得意先小売店の商圏を分析し、各商圏の特性にふさわしい製品ラインナップや製品供給量を小売店に対して提案することで、売上向上に結びつくリテールサポートを実現することができます。その第一歩として、得意先の商圏を作成し、商圏内に各種データを集計し、企業ごとや営業担当ごとに、「商圏特性」ごとにまとめてみましょう。新しい発見と提案のアイデアが見つかるはずです。

リテールサポートにおける提案力強化

例えば、飲料メーカーが得意先スーパーマーケットに対して自社製品を提案する際に、子供を含むファミリー層が多く居住する地域の店舗グループには清涼飲料水や炭酸飲料を中心とした品揃えを提案し、中・高年層が多く居住する地域の店舗グループには、機能性飲料やコーヒー飲料を中心とした品揃えを提案します。

関連リンク

エリアマーケティングの分析例