最適な店舗網構築のために

「戦略的に出店計画を立てたい」「店舗の統廃合を効率的に行いたい」などの悩みは、店舗数が少ない場合や土地勘のある場所では、経験と勘でどうにかなることもありますが、店舗数が多くなり広域に店舗が分布し始めると経験と勘だけでは現実的に実現不可能になってきます。これらの分析は、既存店・競合店や周囲の世帯数などの需要情報をもとに、最も顧客が獲得できそうな地点を導き出す「適地選定シミュレーション」を行うことがひとつの解決策です。

店舗網最適化の適地選定シミュレーション

店舗の適地選定シミュレーション

店舗の統廃合も含めた店舗網最適化を効率的に行ううえで、競合他社よりも先に自社にとっての好立地を探し出すことは経営戦略上、重要な要素です。そのためには、候補物件情報を取得後に「物件ありき」で商圏分析をするだけではなく、今後の戦略的な出店候補地を事前に探すことのできる「適地選定シミュレーション」が必要になります。

適地選定シミュレーションを行うには、主に3種類のデータを使用します。1つは、競合店・既存店。2つ目は、シミュレーション実施地点。3つ目に、人口や世帯数などの市場ポテンシャルを表す需要データです。

上記のデータを活用し「適地選定シミュレーション」を実行することで、たとえば、ロードサイド型店舗を展開する企業においては、競合店・既存店と需要地点との位置関係を加味しつつ、候補地点の中から自社にとって最も需要が吸引できる「最適地」をシミュレーションすることができます。その結果を店舗開発担当者に共有することで、戦略的な出店計画を実行することができます。

店舗の適地選定シミュレーション

関連リンク

関連用語

エリアマーケティングの分析例

 

活用事例ダウンロード