ポイントカード情報からプロモーション ROI 向上

チラシ配布やポスティングなどの販売促進における ROI (投資対効果)を向上させるには、自社のターゲットを特定することが重要です。GIS を活用してターゲットエリアを選定することで、効率的にターゲット層にリーチできる販促計画を立てることができます。

ポイントカード情報から地図へ

ポイントカードの顧客情報に、住所や郵便番号などの位置情報があれば、地図上に展開することができるので、現状を直感的に分かりやすく把握することができます。顧客の地理的な偏重やカニバリゼーション、時期や時系列での変化や、競合店の出退店の影響を地域別に把握することが可能です。

顧客情報と競合店・季節の影響度合いを地図上で可視化

ポスティング活動の最適化

ポスティングを活用して販促を効果的に行うには、ポスティングの投下量やタイミング、対象エリアを GIS の分析を基に最適化する必要があります。たとえば、地図上に展開した顧客データをもとに顧客シェア率を算出し、ターゲット層と顧客シェア率を 2 軸で表現することで、市場があるのに顧客の獲得のできていない潜在需要エリアを把握することができます。それらの地域の原因を検証するとともに、ポスティング投下重点エリアの設定し、販促計画の策定に役立てることができます。

詳細な分析手法は、こちらのストーリーマップで紹介しています。

ポスティング活動の最適化

新聞折込広告の最適化

折込広告の配布計画を策定する際にも GIS ソフトが利用され、地図が有効に活用されています。新聞販売店のエリア単位に各種統計データを格納し、ターゲットエリアを選定し、総配布部数や広告予算を加味しながら計画を策定します。

新聞折込広告の最適化

販促活動の最適化

ポスティングや新聞折込などの広告投下後、レスポンス(回収率)をきめ細かく検証する際にも GIS は有効に活用できます。地域別のレスポンスを捉えることで、詳細なエリア単位で ROI を測定したり、地域傾向、競合の影響度などを検証できます。

関連リンク