モバイル GIS を活用した業務効率化

候補物件や候補地点を訪れて現地の状況を実際に把握することは、店舗開発業務において非常に重要な要素です。現地でしか得られない情報を収集しつつ、モバイル GIS を活用して様々な情報に簡単にアクセスすることは業務の効率化を促します。以下では、モバイル GIS の活用方法をご紹介します。

市場性の把握

現在地周辺の市場特性を国勢調査などの統計情報をもとに、ダッシュボード形式で表現することで簡単に周囲の市場特性や市場ボリュームを把握することができます。現地で気になった地点の市場性をオフィスに戻ることなく確認することで、情報収集の迅速化につながります。

現地情報の入力

専用のモバイルアプリケーションを用いて、出店候補地に関する様々な情報を現地で入力することができます。さらに、位置情報と連動させることで、出店候補地周辺の写真を地図上に残すことができ、現地視察後の情報整理の手間を省くことができます。

関連書類の閲覧

現地視察を行う際に、必要な書類を印刷して持ち出すのではなく、地図上の店舗に関連するドキュメントとしてリンクさせておくことができます。モバイル端末から店舗情報を選択することで、それに関連する情報を PDF ファイルなどの形式で閲覧できるようになります。

各種データの表示

現在地周辺の競合店情報や用途地域データや災害リスクデータなどの各種データを地図上で把握することができます。必要な情報を地図上から素早く閲覧することが可能になるため、業務を円滑に進める助けとなります。

関連リンク

関連用語

エリアマーケティングの分析例

活用事例ダウンロード