プローブデータ(フローティングカーデータ)に代表される大量の移動体データを活用するにあたっては、可視化・検索をすること、そして地理的な情報の付加や分析には地図を用いることが不可欠です。

位置情報とセンサー情報等で構成される動態データを、現実世界でどこに存在し、どう移動していたのか可視化を行い、さらに、センサー情報の値によって、色分け、フィルタリングなどを行うことによって、「その場所」では「どんな状況」だったのかが一目でわかるようになり、無機質なテーブルデータが現実世界とリンクした生きたデータとなります。

本デモムービーでは、組織の方が手軽にプローブデータを利用可能な形をイメージし、サーバー型のGISを用いて、プローブデータを活用可能なシステムのサンプルをご紹介しております。

本ムービーでのデモンストレーション内容
(使用しているプローブデータはサンプルとなります)

  • メッシュでの集計
  • ヒートマップ
  • 個々の点情報としての表示
  • 標高・傾斜情報の重ね合わせ
  • 属性情報からの検索
  • 時系列でのアニメーション表示

関連リンク

ハンドブック※ 本ハンドブックは製造業の事業社のみ配布させていただいております。 配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。