経済センサスの活用

経済センサスには、地域ごとに産業別に事業所数や従業者数が収録されています。これらのデータを用いると、どのような地域にどのような産業が発展しているかを把握することができます。

東京23区の産業構造の特徴

経済センサスデータを用いて、単純に産業別の従業者構成比で色分けすることも出来ますが、統計的に有意に産業が集まっているかを「ホットスポット分析」というArcGIS 標準の分析機能を用いるとより傾向が顕著に把握できるようになります。

  • 統計的に有意に産業が集中しているエリア(ホットスポット):赤色
  • 統計的に有意に産業が分散しているエリア(コールドスポット):青色
東京23区の産業構造の特徴1

下のマップでは、東京23区の経済センサスデータを用いて、情報通信業従業者、医療・福祉従業者、製造業従業者をホットスポット分析した結果です。情報通信業従業者は中心部に集中しているが、医療・福祉従業者は練馬区などの外側の地域、製造業従業者は大田区や墨田区などの地域に集中していることが顕著に分かると思います。
このように地域的に集中的に偏在するエリアを統計的に分析することで、たとえば、法人向けサービスを行っている企業で、ターゲット業種のホットスポットに対して優先的に店舗網を構築するなどの施策を展開することができます。

東京23区の産業構造の特徴1
  • 情報通信業従業者
  • 医療・福祉従業者
  • 製造業従業者

活用事例ダウンロード