営業活動において、お客様に対して明確な根拠を示すことはとても重要なことです。ArcGIS Business Analyst Desktop の標準搭載の分析機能である類似商圏分析を行うことで、「売れる根拠」を明確にし、営業プランの 1 つとしてご活用いただけます。

類似店舗の抽出

商圏情報や店舗情報、競合店情報などを加味しつつ、さまざまな要素を複合的に分析することにより、基準となる店舗に類似する特性(ユーザー側が設定)を持つ店舗をランク付けして抽出することができます。基準となる店舗の過去の成功事例をもとに、新規店舗へのプロモーションや既存店舗の品揃え・棚割りの提案等に活用が可能です。
また、「類似」と判断するための指標を変更することで、さまざまなタイプの店舗に分析結果を適用させることができます。

類似店舗の抽出

新規出店時の活用

出店予定の店舗情報と周辺の商圏情報をもとに、既存店の中から類似店舗を抽出することで、出店予定の店舗がどの既存店に似ているかをランク付けして抽出することができます。抽出された既存店の売上規模などを把握することによって、新規店舗での獲得が期待される売上規模を予測することも可能です。また、新店に対するプロモーションも、類似店の過去実績を活用することで、最適なプロモーション計画を構築することができます。

品揃え検討での活用

自社の店舗に何を陳列するか、どのような棚割りにするかを検討する際にも類似店舗の抽出は活用できます。類似する既存店を抽出し、それらの店舗の成功事例や失敗事例を把握することで、品揃えを検討する際の参考となります。

リテールサポートでの活用

メーカーや卸売業者が、小売店などの取引先に対して経営や営業支援を行うことで、自社の利益向上を目指す活動をリテールサポートといいます。リテールサポートにおいて、取引先に対して自社製品を取り扱うメリットを根拠づけることで、商談の成功率が高まります。類似する商圏をもつ店舗を抽出ことで、「売れる根拠」を明確にし、営業プランの 1 つとしてご活用いただけます。

類似店舗の抽出

活用例【既存店舗への品揃え・棚割りの提案】

活用例【既存店舗への品揃え・棚割りの提案】

活用事例ダウンロード