営業活動において、お客様に対して明確な根拠を示すことはとても重要なことです。ArcGIS Business Analyst Desktop の標準搭載の分析機能である類似商圏分析を行うことで、「売れる根拠」を明確にし、営業プランの 1 つとしてご活用いただけます。

類似店舗の抽出

商圏情報や店舗情報、競合店情報などを加味しつつ、さまざまな要素を複合的に分析することにより、基準となる店舗に類似する特性(ユーザー側が設定)を持つ店舗をランク付けして抽出することができます。抽出された類似店舗の過去の成功事例等を新規店舗へのプロモーションや既存店舗の品揃え・棚割りの提案等に活用が可能です。取引先店舗の数が多ければ多いほど、より現実的で効果のある類似商圏分析を行っていただけます。

類似店舗の抽出

活用例【既存店舗への品揃え・棚割りの提案】

活用例【既存店舗への品揃え・棚割りの提案】

基準とする指標はユーザー側が設定

どの指標をもって類似と判断するかの基準は分析時にユーザー側が設定を行います。年齢・所得・世帯構成や売場面積、駐車場台数など搭載されているデータであれば、ユーザー側で設定が可能です。

ArcGIS Business Analyst Desktop

ArcGIS Business Analyst Desktop は地域の市場ポテンシャルの把握から、商圏分析、立地評価、売上予測顧客分析、各種レポートの出力まで、様々な用途に活用いただけます。さらには最新の国勢調査などの分析に必要なデータを搭載しており、すぐに商圏分析・エリアマーケティング業務に活用いただけるソフトウェアです。経営企画・営業・マーケティング・物流など様々な業務で横断的にご活用いただけます。

活用事例ダウンロード