車両や機器、スタッフの現在地をリアルタイムに把握

移動体のリアルタイムのモニタリング

車両や機器、さらにはスタッフの現在地を GPS 端末等を用いてリアルタイムに地図上に視覚化することは、位置情報の代表的な活用方法です。現在の位置をリアルタイムに把握することが実現すると、以下のような業務・サービスを展開することができます。

  • 急ぎの顧客対応が必要となった際、付近を走行中の自社車両を特定し、その運転スタッフに対して対応を指示する。
  • レンタカー等のレンタル機器の現在地をもとに、返却時刻の予測、盗難対策、返却確認を実施する。
  • バスやタクシーなどの交通車両の現在地と道路や車両の混雑状況をもとにして、増便や利用者への案内サービスを実施する。

位置情報と付加情報で活用シーンを拡大

現在地の情報に加え、その地点で発生した新たな情報を位置情報に紐付けることで、活用シーンの幅をいっそう拡大することができます。例えば、車両に備わった各種センサーからの情報、営業スタッフによる取引先との商談結果、需要把握のための現地調査結果と写真など、位置情報と同時にさまざまな情報を同時に収集します。

位置情報と付加情報で活用シーンを拡大

現地にて収集した情報を、ネットワークを通じてリアルタイムに組織内で共有すると、本部など離れた場所においても共通の情報を用いて稼働状況のモニタリング、営業成果の評価、需要動向の評価など、各種の意思決定に活用することが可能です。

活用事例ダウンロード