気候変動のリスク分析、カーボンニュートラルへの対応をDXで加速 ~環境対策における地図とデータ活用ウェビナー~

気候変動やカーボンニュートラルへ向けた動きは世界中で加速しており、国内の大手企業においては、財務諸表だけではなくTCFD提言への対応が求められています。また、中小企業では大企業と取引条件としてCO2見える化や削減対策が求められ、今後は企業の規模を問わず対応が必要になってきます。
しかしながら、気候変動や環境対策に向けたリスク分析や排出量算出などは、多様な情報の収集や管理、複数の計算、定期的な情報更新が必要です。また、その情報をわかりやすく社内外に説明・開示することも求められ、担当者にとって大きな負担となっています。

本セミナーでは、環境・気候変動、ESG/サステナビリティに関するコンサルティングを行う株式会社 FINEV 光成 美樹様をお迎えし、気候変動・環境に関する情報開示の規制・要請や企業の取組動向を踏まえ、GISを活用した環境データの指標管理とビジュアル化、DXに向けた取り組みについてご紹介いただきます。
また、弊社ESRIジャパンからは、環境対策の様々なシーンにおいて、環境対応状況の地図を活用した見える化や、自然災害リスク分析、CO2排出量のシミュレーションなどを、各種地理データを活用した手法をご紹介します。

環境対策や情報開示に向けた課題を抱える企業のご担当者様は必見です。

ゲスト講演

環境・気候変動対応と情報開示におけるGISの活用
~多様な要素の横断的な分析と意思決定につながる効果的なビジュアル化~

株式会社 FINEV
代表取締役
光成 美樹 氏

日 時 2022 年 12 月 5 日(月)
15:00 ~ 16:10
参加形式 ウェビナー形式(Zoom を利用)
参加費 無料(事前登録制)
対 象 ・経営企画・IR部門、CSR部門、サステナブル推進部門の管理者・ご担当者様
・統合報告書、グリーンボンド・SDGs債のレポーティングご担当者様
・自然災害のリスク分析や環境への影響評価のご担当者様
CO2排出量の可視化
物流網のルート最適化
ルート解析による
CO2排出シミュレーション
森林資源量の推定

プログラム

環境・気候変動対応と情報開示におけるGISの活用
~多様な要素の横断的な分析と意思決定につながる効果的なビジュアル化~
株式会社FINEV  代表取締役
光成 美樹 氏
自然災害リスク分析、環境評価におけるGISとデータの活用法(仮)
ESRIジャパン株式会社  プラットフォームソリューショングループ 課長
新田 智之
質疑応答

【参加特典】
本ウェビナーに申し込みの方に後日メールでご案内するアンケートに回答いただくと、
ウェビナーの録画ビデオ・講演資料をご案内します。

 

【注意事項】
ウェビナーのお申し込みおよびご視聴にあたって以下の注意事項があります。予めご了承ください。
・発表者の競合製品/サービス、及び類似製品/サービスの事業に従事されている方は、お申し込みをご遠慮ください。
当社が上記に該当する方と判断した場合は、ご参加をお断りさせていただきます。
・ウェビナーの内容・スケジュール等は予告なく変更になる場合があります。
・ご登録者様毎に固有の視聴用 URL をご案内します。この URL にアクセスできる機器は 1 台限定です。
視聴用 URL の転送、共有はご遠慮ください。
・ウェビナー視聴時のお客様の通信環境によっては、映像や音声の品質が低下する場合があります。

 

【無料セミナー】環境対策における地図とデータ活用ウェビナー お申し込み